人との出会い

 ここは栄町銀天街。門司港レトロ地区から徒歩5分。国道3号線を挟んだ場所にある、地元の人たちに親しまれている商店街。

そこでお店を出されている「活魚 白浜」のご店主 白浜尊誓(たかちか)さんをご紹介します。

栄町でお店を始められたのは1999年から。それまでは、門司港唯一のデパート山城屋百貨店(2001年3月閉店)でお魚屋さんをされていました。

白浜さんが今の仕事をされているのは、お魚をあつかわれていた父親の背中を見て育ったから。お魚のさばき方も父親の姿を見ながら学んだそうです。

栄町銀天街で自分のお店を出したのは、山城屋百貨店に足を運んでくれていたお客さんを大事にしたい、そして、栄町銀天街に足を運んでくれる人を増やしたいと思ったからです。

「大事なのは、来てくれるお客さんの顔や好みを想像しながら魚を選ぶこと。お客さんには自分がうまいと思う魚しか出したくない」と白浜さん。

そして、もう一つの顔が和太鼓の演奏集団、Team鼓’sのリーダー役。和太鼓を演奏するようになったきっかけは、日本三大みなと祭りの一つ門司みなと祭で栄町の代表として和太鼓を叩いたことです。

「自分で始めたからには続けたい。栄町もどんどん寂しくなってきている。太鼓の音で元気づけたい」。
Team鼓’sには、地元の若いメンバーが参加してくれています。

「自分にできることを通して、この街を元気にしたい!」そんな心意気が伝わってくるとても印象的な人柄です。元気に頑張る門司港の人たちをこれからもご紹介していきます。ぜひ門司港の街に越しください。

店名
活魚白浜
住所
北九州市門司区栄町3-19
電話番号
093-321-1237
営業時間
9:00~18:00
定休日
木曜日、日曜日